ピコセカンドテクノロジー

NEW! フラクショナルモード
ピコ秒パルス幅による高い治療効果 - PicoWayの作用機序

ピコウェイは、532nmと1064nmの波長を用いる最新型ピコ秒レーザーです。高いピークパワーと、非常に短いパルス幅(300-500ピコ秒)を生成し、色素性病変やタトゥー(除去が困難なものも含む)を安全で効果的な治療が可能です。

Resolve(フラクショナルハンドピース)の作用機序

幅広い汎用性と拡張性を兼ね備えたフラクショナル532nm&1064nmピコ秒レーザーが、色素性病変や肌のスキンリジュビネーション治療を実現します。

ホログラフィック回折ビームスプリッター技術によりLIOBs (Laser Induced Optical Breakdown)の二次元の配列を作り出します。LIOBsは532nmを用い表皮内又は、1064nmを用い真皮乳頭層上部にフォーカスされます。

ピコセカンドテクノロジーグロッサリー

Qスイッチレーザー
10014
31
エネルギー
9997
14
クロモフォア
9995
61
ナノ秒
10000
33
パルス
10009
8
パワー
10007
10
ピコ秒
10005
21
ピコ秒レーザー
10006
33
ピークパワー
10001
10
光音響ストレス
10003
20
吸収
9994
39
熱応力
10004
16
爆発的蒸発
9999
23
細胞質
9996
24
貪食作用
10002
14
選択的光熱融解理論
10012
46
Qスイッチレーザー
Qスイッチレーザーとは多くの原子が励起状態になるまでQ値を低くして発振を制御し、増幅させたのち急激にQ値を高くし(スイッチング)非常に短い照射時間(5-100ns)でエネルギーの高いレーザー光を発振させることのできる光学装置。QスイッチのQとは、Quality(クオリティー)値のこと。
エネルギー
エネルギーとは、パルスレーザー発振器の1パルスあたりのエネルギー量を示し、皮膚内に到達すると熱エネルギーや力学エネルギーに変換される。エネルギーは、mJ(ミリジュール)で表示する。
クロモフォア
クロモフォアとは、特定の可視光線領域の光を吸収する受容体のことで、正常皮膚では主にメラニンとヘモグロビンに存在します。
ナノ秒
ナノ秒とは、10億分の1秒(10 のマイナス9乗)のこと。
パルス
パルス幅とはパルスレーザーにおいて1パルスあたりのレーザー光がターゲットに照射されている時間(通常はミリ秒、ナノ秒、ピコ秒)の事です。一般的にシングルパルスは、フィンガースイッチまたはフットスイッチが押されるたびにレーザーが放出されます。
パワー
レーザーでのパワーとは時間あたりのエネルギー量を指すことでW(ワット)で表示します。
ピコ秒
ピコ秒とは、1兆分の1秒(10 のマイナス12 乗)のこと。
ピコ秒レーザー
ピコ秒レーザーとは、非常に短いピコ秒パルス幅を生成し、低エネルギーで強い光音響効果を与え色素粒子を細かく破砕、より少ない治療回数で効果の高い治療をすることができる革新的なレーザーシステムです。
ピークパワー
レーザーでのピークパワーとはパルスエネルギーをパルス幅で割った値を指し、W(ワット)で表示します。 ピコ秒パルスではGW(ギガワット)の高ピークパワーを得ることができます。
光音響ストレス
光音響ストレスとは、光エネルギーを吸収した分子が熱を放出し、その熱による体積膨張で音響波が発生することで色素粒子を細かく破壊すること。
吸収
吸収とは、照射エネルギーが物質と相互作用することによって別の形態(通常は熱)へ変換すること。
熱応力
熱応力は、熱せられたクロモフォアが熱膨張しようとする際に周囲媒質によって制限されるときに生じる。色素(クロモフォア)が急激に熱せられ膨張しようとする時、周囲組織や水分がそれを押し戻すようにすると圧力が上がり色素を粉砕するのに十分な熱応力が生じる。結果として、容易に色素を粉砕することが出来る。
爆発的蒸発
爆発的蒸発は、レーザーエネルギーを短いパルスに押し込め、刺青色素の温度が1,000度以上にまでに達したときに生じる。周辺組織に放熱していくにつれ、組織内の水分が急激に熱せられ沸点を超えて過熱状態になり、核生成後、爆発的な沸騰現象を起こし、刺青色素の場合ではマクロファージや線維芽細胞内の細胞が破壊され、メラニン色素の場合ではメラノサイトやケラチノサイト内の細胞が破壊される。最終的に、排出された色素は細胞質に取り込まれ分解される。
細胞質
細胞の細胞膜で囲まれた部分である原形質のうち、細胞核以外の領域のこと。
貪食作用
マクロファージという食作用を持つ白血球の一種が固形物を内部に取り込んで分解すること。
選択的光熱融解理論
皮膚の中にある色、構造物が光に対して選択的に影響を受ける光吸収率の差と、光照射時間を調整することによって特定物質のみに光熱作用を及ぼすことができるという理論。
ピコセカンドテクノロジー - 学術文献
21.09.2016
Picosecond 532 nm Neodymium-Doped Yttrium Aluminium Garnet Laser for the Treatment of Solar Lentigines in Darker Skin Types: Safety and Efficacy.
25.05.2016
Successful Treatment of a Red and Black Professional Tattoo in Skin Type VI With a Picosecond Dual-Wavelength, Neodymium-Doped Yttrium Aluminium Garnet Laser.
04.08.2015
A Novel Dual-Wavelength, Nd:YAG, Picosecond-domain Laser Safely and Effectively Removes Multicolor Tattoos.
ピコセカンドテクノロジー RESULTS
PicoWay 785nm - Tattoo Removal
Before
8 weeks after 2nd treatment
Photos: Eric Bernstein, MD
PicoWay 785nm - Tattoo Removal
Before
8 weeks after 2nd treatment
Photos: Eric Bernstein, MD
PicoWay 785nm - Blue Color Has Been Removed
Before
After the 3rd treatment
Photos: Eric Bernstein, MD
PicoWay Resolve
治療前
2回治療 6週間後
Photos: David Friedman, MD
PicoWay Resolve
治療前
2回治療 7週間後
Photos: David Friedman, MD
PicoWay治療
治療前
5回治療後
Photos: Eric Bernstein, MD
PicoWay Treatment
治療前
1回治療 1.5ヶ月後
Photos: David Friedman, MD
PicoWay症例写真
治療前
5回治療後
Photos: Eric Bernstein, MD
PicoWay症例写真
治療前
3回治療後
Photos: Eric Bernstein, MD
PicoWay症例写真
治療前
1回治療 6週間後
Photos: David Friedman, メリーランド
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

SYNERON CANDELA ADVANTAGE

パートナーシップ

>

プレミアムサポート

> プラクティスマーケティング

> クリニカルトレーニング

> サービスサポート

ファイナンシング A-Z

> ファイナンシングオプション

> 認定中古器

> アップグレート&トレードイン

advantage image
GENERATE
SUCCESS

Grow Your Practice with Syneron Candela
お問い合わせ

お問い合わせ
患者様